男性ヌードブログataruのみちくさ

男性ヌードブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

SM観



清閑な顔からは想像も付かないほどの淫声をあげる
お互いが歪んだ性癖を解放させ合い
人間としていちばん恥辱な部分を見せ合う

日常の社会生活では触るわけにはいかない変態的嗜好
SMは本当の姿を曝け出すことの出来る二人の空間
強い信頼関係・絆がなければ出来ない行為
形ではなく二人で作り上げる世界だと思います

SM(セックス)をすることで
パートナーとより深い関係を築き合いたい
それを乗り越えた先にある強い心の絆を求めます。
プレイはそのための一つの方法(儀式)に過ぎません


双方の心と身体が通じ合うこと
同じ方向を向いていること

心と身体が感じること
心と身体が満たされること
心と身体がひとつになれるSM・SEX

そんな条件の元でのみ
プレイとしてのSMを好みます、
肉体的快楽だけを求めるSMは求めません。
だからこそ奴隷としてではなく、
パートナーとして信じ合える相手と・・・

主が奴隷を拘束して苦痛を与える姿や苦痛を受け入れる奴隷の姿
SMは関心の無い人達がその表面だけを見てしまえば
「あなた達の性はおかしい・異常だ」と感じることでしょう

しかし二人にとっては心と身体を開放し合い愛を育くむ大切な行為
二人だけが理解出来ればそれでいいい
二人の間でなければ通用しない世界
第三者に理解を求めるものではない

愛・絆・羞恥・屈辱・苦痛・精神・肉体・服従・信頼・主従・支配
奉仕・露出・複数・公開・罵倒等々
性格が違うようにSMに求めるものは人それどれ、多種多様です

これが正しいSM、これが間違ったSM、というものでもありません。
自分の嗜好に見合う相手と、想いの通じる相手と向き合う、
恋愛関係・人間関係と同じですね

| SM観 | 00:01 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セックス&SMの三大原則




自分の性(セックス・SM)の三大原則は
「愛・信頼・思いやり」

本能を曝け出し、欲望のまま快楽に身をゆだね貪り合う
その先には二人で一緒に上りつめる歓びが待っている
そんな行為を好みます^^

ただ、それにはお互いが相手に対し
「愛と信頼と思いやる気持ちがあること」
一つでも欠けていれば強い絆は築けない

愛が無ければセックスもSMもできない
信頼関係が無ければ心は開けない
思いやりの無い自分本位の人間は好まない。
理性の鎖で縛られた心と身体を解く為に
必要なカギはこの3つです^^



| SM観 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SM的信頼関係

「SMの主従は信頼信用が最も重要な要素」
よく書かれている言葉、耳にすることもある。
ただ自分は、
複数の奴隷を持つ主人と奴隷
という名称の人達が発する「信頼関係」
という言葉を信用していない。

「信頼信用が最も重要」と考える人間が
初対面でいきなりSMをするのか?
相手の人間性がわからないのに?
プレイをしてから奴隷にするかしないか決める?
単なる奴隷欲しさのSM面接じゃないのか?

それに対して奴隷は・・・
SMの経験が豊富だから、
縛られてみたいから。。。
あぶない責めはしないはず、
怪我はしないだろう、
それなら任せてみても。。。。
これはプレイに対しての信頼であって
人への信頼ではない、もちろん愛も無い


≫ Read More

| SM観 | 23:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「S」「M」の関係。。。


ちらり・・・ismのなおさんの日記の中で
「SMとは嗜好ではなく 関係性の問題だ」というSM小説に書かれた言葉。。。。
自分なりに感じるものがあったので。。。。(^_^ゞ
自分はSMの経験も無いし、知識も無いので
あくまで主観ということでなんですが。。。

「SMができるカップルっていいなあ」と思うことがある。
行為そのものよりも、SMという行為ができる二人の関係が羨ましい^^
男(S)と女(M)
身体を縛られて、身動きができない、抵抗もできない状態、
痛い、恥ずかしい、苦しい、辛い・・・・


≫ Read More

| SM観 | 21:11 | comments:10 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |