男性ヌードブログataruのみちくさ

男性ヌードブログ

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長い間休止していたので久しぶりのお祝いになります。
いかがお過ごしですか?nanaさん40,000ヒットおめでとうございます^^
のんびりマイペースなブログですがこれからもよろしくお願いします^^


| | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「胸小さいから。。。」



「私、胸小さいから。。。」
彼女の発言ならば「俺が好きなのだからそれでいい!」
胸を慈しむように愛撫るのですが。。。(^_^ゞ


「男が全て巨乳好きなわけじゃないから
俺は微乳フェチだし。。。」
この程度の会話しかしてあげられない。
きっとペニスを気にする男の感覚と似ているんだろうな

「小さい胸」ということが他の女性との比較で
身体的に劣っていることであるかのように話す。
自分にはそれ(微乳)が魅力なんだけどなあ。。
「貧乳」という表現も嫌い

とはいえ「好きになった女性の身体が好き」
という基本は譲れませんけど^^

| 性癖・フェチ・性的嗜好 | 00:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セックス&SMの三大原則




自分の性(セックス・SM)の三大原則は
「愛・信頼・思いやり」

本能を曝け出し、欲望のまま快楽に身をゆだね貪り合う
その先には二人で一緒に上りつめる歓びが待っている
そんな行為を好みます^^

ただ、それにはお互いが相手に対し
「愛と信頼と思いやる気持ちがあること」
一つでも欠けていれば強い絆は築けない

愛が無ければセックスもSMもできない
信頼関係が無ければ心は開けない
思いやりの無い自分本位の人間は好まない。
理性の鎖で縛られた心と身体を解く為に
必要なカギはこの3つです^^



| SM観 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ウルルン」がつまらない



タレントが海外でホームステイする人気番組
「世界ウルルン滞在記」、お気に入り番組の中の一つでした。

放送回によってはかなりジーンとくることもあったのですが
リニューアルしてからはウルルン(ジーンと)とこない(^_^;
(内容はいいものには変わりはないのでしょうけれど)

リニューアルしてからは月に1度見るか見ないか、
よほど好みのタレントさんが出演しない限り
これからは見ることはないでしょう。

久本雅美サンは好きですが、この番組に
彼女のお笑いのキャラクターはどうなんだろう?
「笑み」は必要ですが「お笑い」は必要無い番組だと
思うんだけどなあ。。。
下條アトムさんのナレーションも無くなってしまった。



この番組はスタジオで笑いを取る必要は無い、
純粋に出会いの感動をお茶の間に伝える
真面目路線のままであってほしかったのですが
随分とくだけた番組になってしまった(;^_^A

出演者、クイズ形式、ナレーション、スタジオのセット・・・
全て以前のウルルンが好きだったな。
魅力ある番組が一つ消えてしまった(^_^ゞ


| 雑感 | 00:20 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

裸にエプロン



女性:「男の人って裸にエプロン好きでしょ?」
自分:「う~ん・・でも俺はあまり好きじゃないなあ」

エプロン姿は大好きですが裸にエプロンはどうも苦手です。
「裸にエプロンは男の憧れですねぇ」そうかなあ。。。

女性:「裸にエプロン姿の彼女がいたら後ろから責めたいと思う?」
自分:「どうかなあ。。。(^_^ゞ」

自分は裸にエプロンよりも。。。
静かにボタンを外す手つき
下着を脱ぐ仕草
徐々に生まれたままの姿に近づいていく。。。
そんな脱衣の過程にそそられる

そんな日常⇒非日常への流れ(変化)が好きです。
裸にエプロン姿ではいきなり非現実の世界ですから
「日常⇒非日常」の変化が楽しめません(^_^ゞ

ごく普通のエプロン姿の
彼女の身体を服の上から撫でる。
壁に手をつかせ尻を突き出させ
乱れた着衣のまま犯すように
堅くなった熱い肉体を埋め込む

結合部に絡みついた二人の体液
一つになったことの喜びを一番感じながら
腕を後ろ手に持ち腰を打ちつける
内股と膝をガクガクと震わせながら
愛しい彼女がその場に崩れ落ちていく。。。

凛とした女性が崩れ、
本能のまま自らを開放し
心を解き放った姿にた愛しさを感じます

| 性癖・フェチ・性的嗜好 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨は天気が悪い、晴れは良い天気、
悪者になりがちな雨ですが、「雨」好きなんだなあ。
もっとも災害をもたらしてしまうような豪雨は困りますが(^_^;

「気分が沈む」とい人も覆いの
穏やかな気分になるという感覚が近いかな。

子供の頃は長靴を履いた学校の帰り道
水溜りにわざと入って
掻き分けるように歩いてみたり。。。

雨上がりの汚れた大気が洗われたような空気
木々の葉からぽたぽたと垂れる雨滴も清々しい
夕立後の爽やかな空気も好きだ

晴れるとお出かけ日和とか
休日ならドライブ日和なんて表現もあるが
自分にとっては雨もドライブ日和(^_^;

雨の日の待ち合わせ、
相合傘もいいものです^^





| 雑感 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT