男性ヌードブログataruのみちくさ

男性ヌードブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お金がない

一人暮らしをしていた学生時代の話。。。
電話は何度か止められた、
電気も支払いの催促が来てやっと払うような生活の繰り返し・・
電気、ガス、水道代etc・・・
毎月の支払いの中で最優先させるのが家賃だった





一人暮らしをしていた学生時代の話。。。

電話は何度か止められた、
電気も支払いの催促が来てやっと払うような生活の繰り返し・・
電気、ガス、水道代etc・・・
毎月の支払いの中で最優先させるのが家賃だった



でも無駄な出費がおおかったその月は家賃が払えそうにない。
「まいったなあ」と思っていた時期、バイト先で・・・・

恭子:「ataruくん経験あるの?」
自分:「まだないですよ~(笑)」
恭子:「童貞なんだあ、ふ~ん・・・」とか

自分:「今月家賃払えない~、お金がな~い」とか。。
暇な時間にそんなお喋りを笑いながらしていた。

恭子さんは10歳年上のバイト先の先輩、数年前に離婚して今は子供と暮らしている。
商店街で男の子と二人で買い物をしている恭子さんと時々すれ違うこともあった。
仕事はきっちり、でもくだけるところはくだけてるお姉さん。
きちんと区別できるその姿が、素敵な大人の女性に見えた。

そんな会話があってから数日たったある日。
自分とも仲がいい、恭子さんの友達でもあるちょっと年配の女性に話しかけられた。

女性:「恭子が家賃を払ってくれるって」
自分:「えっ?」どういうことかピンと来ない、キョトンとしていると・・
女性:「ataruくんの最初の相手させてくれたら、家賃代払ってれるってさ」
自分:「・・・・・ 」
女性:「最初は5万円、それ以降は一回に2万円出してくれるって、
    週に一回くらいどう?、ataruくんがよければ週2回でもいいけど」
自分:「・・・・・」
女性:「大丈夫、ataruくんは何もしなくていいから、
    恭子さんが最初からちゃんと教えてくれるよ、考えてみて」

と言われた。
「俺の童貞を5万円で・・・?」今でいう逆援助交際の誘いでした(*^^*ゞ

恭子さんに対して好きという感情はなかったけど、嫌いなわけでもない。
バイト先の仕事のできるお姉さんという感覚しか持っていなかった。
でも悪い気はしない、大人の女性にセックスの対象として
見られることがちょっと嬉しかったりもした。

それに週6回のアルバイトで月10万程の給料の自分には、
短時間で物凄い金額・・・ちょっと心が動いた。
仕事も終わってロッカールームで着替えながら妄想もしてしまった、
手ほどきされながらセックスする自分の姿や恭子さんの身体。。。。(〃∇〃)

同じ時期に、まだ深い関係になっていなかったが好意を持ち始めた女性がいた、
お金も欲しかった、必要だった。。。でもエッチは誰でもいいわけじゃない、
その女性のことを思っている間は、
ほかの女性とは深い関係になるつもりはない。。。。結局できなかった。

バイトはそのあとも続けた。
恭子さんもいっさいそのことには触れず、以前と全く同じように話しかけてきた・・・
時々ふざけてお尻を触ってきたり・・・そんな時は

自分:「やめてくださいよ~、そんなことしたら気持ちいいじゃないですか~(笑)」
女性:「もっといっぱい感じて~(笑)」ってふざけあって・・・

でもあれって。。。恭子さんの性格を考えると・・・
「自分に気まずい思いさせないように、余計な気を使わせないように、
あえて明るく振舞っていたんだ」ということが後になって何となくわかり、
自分のことを好いていてくれたことも後になって気づいたわけで・・・
「恭子さんは、誰でもいいわけじゃなかったんだ」と思うと、
「やっぱり大人の女性だなあ」と改めて感じた


月初めに駅前の不動産屋&大家さんに家賃を支払いにいくのが
自分の中で決まりごとになっていた。
いつしか「そろそろataruさんが来る時間だなあと思っていたよ」
といわれるくらいに・・・

きょうがその日。。。
「家賃ちょっと待ってもらえませんか?」この言葉を言うために
不動産屋へ向かった、重い足取りで。。。

そして返ってきた言葉は。。。。。。
「家賃いつでもいいよ、ataruくんみたいに
わざわざ言いに来てくれる人はめずらしいよ・・・」
といながらお茶を出してくた、たわいのない話もした。
なんか今まで以上に親しくなった気分。。。
やっぱり普段の行いは大事だな^^





関連記事

| アダルト | 21:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今晩は~(^^)

学生さんの一人暮らしは金銭面でかなり大変だったと思うのですが
アルバイトも頑張って偉いですね。

その女性はataruさんのことが好きだったのですね。
でも普通に私がお金を出してあげるじゃataruさんが受け取らないだろうと
童貞と引き換えに言ってきたのかなって思いました。

パンツをずり下げたataruさんの写真セクシーですね!(*>▽<*)
白なのがまたいいです!←怪しい発言(笑)
写真バンバン載せて欲しいです~♪

| ゆきんこ | 2005/11/13 00:52 | URL | ≫ EDIT

>ゆきんこさん

アルバイトを頑張っていたともいえるし、学校サボっていたともいえるし・・
あまり褒められる学生ではありませんでした(^_^;

>童貞と引き換えに言ってきたのかな

そうかあ。。そういう考え方もあるんですね^^
ただ文章にすると綺麗に聞こえるけど、
実際はもっとドロドロしていたような気もします。
好きといっても「ちょっといいかな」程度の好かれ方だったみたいです(;^_^A

写真バンバンですか、じゃあモチベーションあげなきゃ^^

| ataru | 2005/11/13 02:57 | URL |

『おもふ人 おもはぬ人の おもふ人
    おもひおもはれ おもはざりけり』
・・・とまぁ、そんな感じ?^^;

好きでも買おうとゆー発想は同じ女性としてはスゴイな・・って思っちゃう。
いゃ、好きだからこそ買ってまで・・って思うのかな・・

気持ちが絡まない、いわゆる割り切りなら後腐れもなさそーだけど
少しでもソコに気持ちがある・・となると後々グチャグチャしそーな感じがして(笑)

あ、でも・・だからこそソコにお金を絡ませる事で
女性側が自分自身を納得させる意味もあるわけか・・・

なんてゆーか・・そーだとしたら切ない話だね、こーゆーのって。^^;

| まりりん | 2005/11/13 12:49 | URL | ≫ EDIT

>まりりんさん

もし当時の自分にまりりんさんのような、
「相手がどんな気持ちだったのか?」
そんな大人の考え方が出来たら違う方向に進んでいたかも(^_^ゞ

あの時は、もしOKしたら「後々グチャグチャになってしまうのか?」
「何処までいってしまうんだろう?」という怖さもあったと思います

相手の「本当の気持ち」がわかれば、簡単に判断できるんだけど・・
それを知るのが一番難しいことでもあるわけで。。。
う~ん 難しいですね(^~^;)ゞ




| ataru | 2005/11/13 18:01 | URL |

好きだけど…

ataruの将来とか、色んなコト考えたんだろうねぇ…
それが、お金ってコトに繋がったのかなぁ。
女の欲求を満たす場所ってないからね~^^;
色んな意味で、ataruを見てて、
「この人なら安心」って思ったのかな…

| めい | 2005/11/16 00:43 | URL | ≫ EDIT

>めいさん

今は、相手の女性の気持ちを考えるようになったけど、
あの頃はそんな余裕もなかったしなあ(^_^;  
まだガキでつっぱってたところもあったし。。。

「相手がどんな気持ちでそれを言ったのか?」
なんて考えもしなかった(^~^;)ゞ

| ataru | 2005/11/16 20:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://atarunomichikusa.blog26.fc2.com/tb.php/16-3c1089c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT