男性ヌードブログataruのみちくさ

男性ヌードブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

peculiar way of sexual intercourse(3)





この薄暗い部屋なら涼子は
俺の性器の気味悪さに気づくことはないだろう
その安心感でズボンを下ろす
勢い良くそそり立つペニスを涼子の前に晒した。

股下にそそり立つ興奮した男性器、
黒々としたそれは太い血管が
何本も張り巡らされたグロテスクな形
発情し勃起したペニスの臭いが拡がった部屋に
引力に逆らって湾曲に反り返った
異様なシルエットが浮かび上がる、
体の一部とは思えないまるで獲物を突き刺す凶器、

目の前に膝立ちになった涼子は真剣な表情でペニスを握ると
前後にゆっくり力強くしごき始めた。
しごくたびに大きく硬さが増すそれは
より一層、力強いカーブを描き反り返った。

涼子は口に含むと強く吸いながら頭を前後に動かし始める
唾液で濡らし、硬く大きく脈打つそれを強く吸い上げた
舌と唇で亀頭を柔らかくしごいている
大切なものを扱うかのように・・・


関連記事

| adultnovel or poem style | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://atarunomichikusa.blog26.fc2.com/tb.php/77-aafb5c7e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT